アンテナヘッドライン

学問・雑学

イギリスの研究所で150体のヒトと動物のハイブリッドが生み出されていた

投稿日:2016年8月19日 21:30

おもちちゃん90アメリカで動物の胚に人間の細胞を注入してキメラを作る研究を行う計画ヤバ過ぎない?
↑について調べていたら出てきた2011年のニュースだが、面白そうなので。
翻訳は全てグーグル先生に丸投げなので、意味が分からない所は各自補完してくれ。

読むのが面倒な人は下に簡単にまとめてあるのでそれだけ見るといいかもしれない。

 150 human animal hybrids grown in UK labs: Embryos have been produced secretively for the past three years

Scientists have created more than 150 human-animal hybrid embryos in British laboratories.
The hybrids have been produced secretively over the past three years by researchers looking into possible cures for a wide range of diseases.
The revelation comes just a day after a committee of scientists warned of a nightmare ‘Planet of the Apes’ scenario in which work on human-animal creations goes too far.

and more...

ソース記事    

グーグル先生による翻訳
英国の研究室で増殖させた150ヒト動物ハイブリッド:胚は、過去3年間のためにこっそり生産されています

科学者たちは、英国の研究所で150以上の人間と動物のハイブリッド胚を作成しました。 ハイブリッドは、広範囲の疾患のための可能な治療法を検討して研究者によって、過去3年間でこっそり生産されています。 啓示は、科学者の委員会は、ヒトと動物の創造に関する作業が行き過ぎた悪夢のシナリオ」猿の惑星」を警告したばかりの一日の後に来ます。

昨夜医学研究の行き過ぎに対する運動家は、彼は科学者が「グロテスクに手を染め」していることがうんざりしたと述べました。 デイリーメールから見た図は、その155「混合」胚を示し、ヒトおよび動物の両方の遺伝物質を含む、2008年のヒト受精胚研究法の導入以来、作成されています。 これは、人間の精子によって受精動物の卵を含むハイブリッドの様々な、の作成を合法化。ヒト核は動物細胞に移植された「サイブリッド '。ヒト細胞は、動物の胚と混合されると、「キメラ」、。

科学者たちは、技術は不治の疾患の範囲を治療するために使用することができる胚性幹細胞を開発するために使用することができると言います。 英国の三ラボ - キングス・カレッジ・ロンドン、ニューカッスル大学、ウォーリック大学では - 法が施行された後に研究を行うためにライセンスを付与されました。 すべてが今、資金が不足しているため、ハイブリッド胚の作成を停止しましたが、科学者たちは、将来的にはそれ以上のそのような仕事があるだろうと信じています。 数値は、議会の質問以下の中立議員主アルトンに明らかにしました。

昨夜彼は言った: "私は原則として人間動物ハイブリッドの創出に対する議会で主張しました。私たちの前に現れた科学者のいずれも、私たちに、治療の面で任意の正当性を与えることができませんでした。
「倫理的にそれが正当にすることはできません - それは国として私たちを傷つけます。それはグロテスクに手を染めています。
「あらゆる段階での科学者からの正当化はされています:あなたは私たちが人類に知られているすべての病気の治療法を見つけるだろう、私たちはこれを行うことができた場合にのみ。これは感情的な脅迫です。
「すべては成体幹細胞から来ている幹細胞から約来た80トリートメントや治療法の-胚ではないものを。」これが失敗道徳的、倫理的な理由で。そして、科学、医療用のものにすぎ。」

生殖倫理上のプロ生活グループコメントのジョセフィンQuintavalleは、言った: "私はこれが起こっていることを愕然と思い、私たちはそれについて何も知りませんでした。

「なぜ彼らはこの秘密を保持していますか?彼らは、彼らがやっていることを誇りに思っているなら、なぜ私たちは光に来て、このための議会質問をする必要がありますか?
「多くの科学者との問題は、彼らが試してみたいので、物事をやりたいということです。それは良い十分な根拠はありません。」
今週初め、大手の科学者のグループが実験「猿の惑星」について警告しました。
彼らは、霊長類の脳にヒト幹細胞を注入することにより、たとえば、人間の属性を与えられている実験動物を防止するために、新しいルールを呼びかけました。
しかし、彼らの報告書の主執筆者、医学研究のための医学研究審議会の国立研究所からの教授ロビン・ラヴェル-バッジは、これらが14日以内に破壊されなければならないため、法律によって科学者は人間と動物のハイブリッド胚について心配していないと言いました。

彼は言った: "これらの実験を行う理由は、早期人間開発についての詳細を理解し、深刻な病気を硬化させる方法を考え出すことであり、科学者として、私はこの研究を追求する道徳的要請があ​​ると感じています。
「私たちは十分なコントロールを持っている限り - 私たちはこの国でそうであるように - 私たちは、研究の誇りにする必要があります。」
しかし、彼は動物の胚はヒトの遺伝物質の少量で注入された胚の研究の別の種類、上の厳格な管理を求めました。 ヒトと動物のハイブリッドはほとんど、あるいは全く規制を持っているその多くは他の国で作成されます。


~まとめ~


おもちちゃん90相変わらず見事な翻訳だ。
なんとなく補完しながら整理すると・・・


イギリスの研究所で3年間に渡って150の人間と動物の混合種が創り出されていた。


病気の治療法を研究している研究者により秘密裏に行われていた。


人間動物ハイブリッドの創出に対する議会の翌日に発表された。


デイリー・メール(記事のソース元)が見た記録には
人間の精子によって受精した動物の卵子を含む、動物の細胞に人間の核を移植した『サイブリッド』、動物の胚に人間の細胞を合わせた『キメラ』の合法化-2008年のヒト受精胚研究法導入-後、ヒト及び動物両方の遺伝情報を有する155の胚が生み出されていた事が示されていた。


この技術は不治の病を治療するための胚性幹細胞の開発に使用できる。


イギリスの三大研究所『キングス・カレッジ・ロンドン』、『ニューカッスル大学』、『ウォーリック大学』が研究の行うためのライセンスを獲得したが、それらの全てが資金不足のため研究を中止している。


中立議員によって明らかにされた。



おもちちゃん90ヒトと動物のハイブリッドの創造に対する原則の問題の取り扱いについて、正当性を主張できる科学者はいなかった。


倫理的に見て、それは異様であって正当化され得ない。


どの段階においても科学者の正当性の主張は、「あなたが我々の実験を許しさえすれば、我々は人類に知られている全ての病の治療法を発見するだろう。」であった。これは感情的な脅迫だ。


幹細胞から生まれた80の治療法は、全て胚ではない成熟した幹細胞から生まれた。
道徳的、倫理的にそして科学的にも医学的にも失敗である。


これらの実験を行う理由は、早く人間の開発についてより詳細を理解し、重篤な病の治療法を見つける事であり、科学者としてこの研究を続ける道徳的要請を感じている。


 

おもちちゃん90
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・倫理というものは難しい部門だな。








※おもちちゃんは英語のことは詳しくないので、なにかおかしいかもしれない。

-学問・雑学
-,

1002: おもちちゃん特選記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

1003: おもちちゃんねる関連記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

1004: おもちちゃん特選記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com
1005: おすすめサイト新着記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

月別アーカイブ

カテゴリ一覧