アンテナヘッドライン

妖怪・怪物

面接官「最強の妖怪はなんですか?」バカ「ぬらりひょんです」

投稿日:2016年11月4日 21:30

1 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:28:01.09 ID:bd9o2j4Da
確実に落ちるで
ぬらりひょん

200px-SekienNurarihyon


一般に、瓢箪鯰(ひょうたんなまず)のように掴まえ所が無い化物であるとされる。江戸時代に描かれた妖怪絵巻などに、その姿が多く確認できるが詳細は不明である。民間の伝承には百鬼夜行の一員(秋田県)、海坊主の一種(岡山県)にその名称が確認されるが、描かれている妖怪画の「ぬらりひょん」との前後の関係性は明らかでは無い。

「妖怪の総大将」であるとされるが、後代における誤伝・俗説とされている。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/ぬらりひょん

2 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:28:34.63 ID:zC1f/6zf0
空亡です(キリッ
空亡

空亡(そらなき、くうぼう)とは、種々の百鬼夜行絵巻に描かれる太陽が「太陽ではなく球状の妖怪だったら」という解釈に基づいた創作上の妖怪である。

百鬼夜行絵巻の末尾には「夜が明け太陽が昇るとともに妖怪が去って行く」という場面がある。
この太陽を百鬼夜行の終わりに出現する強大な妖怪と見なしたのが、妖怪「空亡(そらなき、くうぼう)」である。

妖怪に分類されてはいるが、フィクションとして創造されたキャラクターであり、民間伝承的な側面は無い。

23 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:33:44.40 ID:16n8tse6d
>>2
創作やん

32 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:34:50.16 ID:ad6DjRZZ0
>>23
大松「妖怪は全て創作だぞ」

40 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:38:18.43 ID:R6zT1UUod
>>32
こういう奴って妖怪見たことないんか?

3 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:28:43.20 ID:hJWB40pm0
ぬりかべだよなあ

240px-Torin_Nukaribe

4 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:29:01.05 ID:ad6DjRZZ0
ゆとり「ガシャドクロですね」

200207

5 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:29:20.90 ID:bd9o2j4Da
マジレスすると天狗やぞ

i3201

6 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:29:23.94 ID:sADU3Oakd
牛鬼です
牛鬼

360px-Suuhi_Ushioni


牛鬼(うしおに、ぎゅうき)は、西日本に伝わる妖怪。主に海岸に現れ、浜辺を歩く人間を襲うとされている。

非常に残忍・獰猛な性格で、毒を吐き、人を食い殺すことを好む。

伝承では、頭が牛で首から下は鬼の胴体を持つ。または、その逆に頭が鬼で、胴体は牛の場合もある。また、山間部の寺院の門前に、牛の首に人の着物姿で頻繁に現れたり、牛の首、鬼の体に昆虫の羽を持ち、空から飛来したとの伝承もある。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/牛鬼

8 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:29:44.59 ID:g42nzf2r0
ぬっぺふほふです
ぬっぺふほふ

180px-Suushi_Nuppeppo


ぬっぺふほふまたはぬっぺっぽうは、『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』などの江戸時代の妖怪絵巻にある妖怪。顔と体の皺の区別のつかない、一頭身の肉の塊のような姿で描かれている。

絵巻には名前と絵があるに過ぎず、解説文の記述はほとんどないが、その名前や、洒落本『新吾左出放題盲牛』(1781)に「ぬっぺっぽうといふ化けもの有り。目もなく耳も無く」とあることから、のっぺらぼうの一種と見られている。乾猷平は、紫水文庫所蔵の古写絵本(年代不明)に「ぬっべっほう」という妖怪が描かれており、「古いヒキガエルが化けたものとも、狐狸の類ともいう」とあることを紹介している。この「ぬっべっほう」の絵は、「皺の多い琉球芋に短い四肢を配したやうな化物」と表現されている。また先述の『新吾左出放題盲牛』には「死人の脂を吸い、針大こくを喰う。昔は医者に化けて出てきたが、今はそのまま出てくる……」などと書かれている。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/ぬっぺふほふ

10 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:29:58.79 ID:azOfvqq+a
白面やぞ


13 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:31:54.60 ID:16n8tse6d
九尾、天狗、鬼


明らかに九尾だけ格上なんだよなぁ・・・

22 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:33:40.00 ID:ad6DjRZZ0
>>13
大松「九尾は中国だぞ」

41 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:38:19.37 ID:YM9cL4rG0
>>22
中国で退治されて最終的に日本に来たんだよなあ…
ソースはぬーべー

14 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:32:00.50 ID:KltGc1pPr
お歯黒べったりな

220px-ShunsenHagurobettari

18 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:33:06.44 ID:kG2Bjpf90
玉藻前なんだよなぁ
玉藻前

SekienTamamo-no-mae


玉藻前(たまものまえ)とは、平安時代末期に鳥羽上皇の寵姫であったとされる伝説上の人物。妖狐の化身であり、正体を見破られた後、下野国那須野原で殺生石になったという。

『絵本三国妖婦伝』では、最初は藻女(みくずめ)と呼ばれたとされ、子に恵まれない夫婦の手で大切に育てられ、美しく成長した。18歳で宮中で仕え、のちに鳥羽上皇に仕える女官となって玉藻前(たまものまえ)と呼ばれる。その美貌と博識から次第に鳥羽上皇に寵愛されるようになった。

しかしその後、上皇は次第に病に伏せるようになり、朝廷の医師にも原因が分からなかった。しかし陰陽師・安倍泰成(安倍泰親、安倍晴明とも)が玉藻前の仕業と見抜く。安倍が真言を唱えた事で玉藻前は変身を解かれ、白面金毛九尾の狐の姿で宮中を脱走し、行方を眩ました。

その後、那須野(現在の栃木県那須郡周辺)で婦女子をさらうなどの行為が宮中へ伝わり、鳥羽上皇はかねてからの那須野領主須藤権守貞信の要請に応え、討伐軍を編成。三浦介義明、千葉介常胤、上総介広常を将軍に、陰陽師・安部泰成を軍師に任命し、8万余りの軍勢を那須野へと派遣した。

那須野で、既に九尾の狐と化した玉藻前を発見した討伐軍はすぐさま攻撃を仕掛けたが、九尾の狐の術などによって多くの戦力を失い、失敗に終わった。三浦介と上総介をはじめとする将兵は犬の尾を狐に見立てた犬追物で騎射を訓練し、再び攻撃を開始する。

対策を十分に練ったため、討伐軍は次第に九尾の狐を追い込んでいった。九尾の狐は貞信の夢に娘の姿で現れ許しを願ったが、貞信はこれを狐が弱っていると読み、最後の攻勢に出た。そして三浦介が放った二つの矢が脇腹と首筋を貫き、上総介の長刀が斬りつけたことで、九尾の狐は息絶えた。

殺生石 (栃木県那須町) だが九尾の狐はその直後、巨大な毒石に変化し、近づく人間や動物等の命を奪った。そのため村人は後にこの毒石を『殺生石』と名付けた。この殺生石は鳥羽上皇の死後も存在し、周囲の村人たちを恐れさせた。鎮魂のためにやって来た多くの高僧ですら、その毒気に次々と倒れたといわれている。南北朝時代、会津の元現寺を開いた玄翁和尚が殺生石を破壊し、破壊された殺生石は各地へと飛散したと伝わる。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/玉藻前

19 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:33:13.24 ID:Ak5WTsbca
バックベアードやぞ
バックベアード

BLXhwrcCcAA21SD


バックベアード(Back Beard)は、現代日本においてアメリカの妖怪とされるキャラクター。巨大な黒い円形に枝のような物が放射状に生えており、中心に目が付いた姿をしている。夕方、ビル街に出現する。その巨大な一つ目で睨まれると強烈な目眩を起こすため、ビルの屋上などにいると落されてしまう。光化学スモッグのようなものが正体だと指摘する書籍もある。

ウィキペディア
>https://ja.wikipedia.org/wiki/バックベアード

20 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:33:24.51 ID:eJ9TNqX+0
海難法師か七人岬だか
海難法師

mig


海難法師(かいなんほうし)とは、伊豆七島に伝わる幽霊の一種。地元では“かんなんぼうし”と呼ばれる。

水難事故で死亡した者の霊とされる。盥にのって沖からやって来て、その姿を見たものは同様の死に様を晒すと言われている。

海難法師の事の起こりは江戸時代、寛永5年のことである。豊島忠松(とよしまただまつ、豊島作十郎。)という悪代官(八丈島代官)が島民たちを苦しめて、憎まれていたという。そこで島の人々は忠松を殺すために、わざと海が荒れる日を選んで島巡りをするように勧めたのである。まんまと罠にはまった忠松は、言われた通りに海に出て波に呑まれて死んでしまった。それ以来、毎年旧暦の1月24日になると、島民たちに騙されたことを怨む忠松の霊が、海難法師となって島々を巡るのだという。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/海難法師
七人ミサキ

original


七人ミサキ(しちにんミサキ)または七人みさき(しちにんみさき)は、高知県を初めとする四国地方や中国地方に伝わる集団亡霊。

災害や事故、特に海で溺死した人間の死霊。その名の通り常に7人組で、主に海や川などの水辺に現れるとされる。

七人ミサキに遭った人間は高熱に見舞われ、死んでしまう。1人を取り殺すと七人ミサキの内の霊の1人が成仏し、替わって取り殺された者が七人ミサキの内の1人となる。そのために七人ミサキの人数は常に7人組で、増減することはないという。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/七人ミサキ

26 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:33:57.16 ID:hjEYn/vy0
だいだらぼっちだから

68337d87018e14e76e302ea34ab2cabf
 

28 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:34:31.12 ID:/ZAF0qTHp
「猿田彦の存在から最強の妖怪は天狗だと言えます」

ワイ有能
サルタヒコ

サルタヒコ、またはサルタヒコノカミは、日本神話に登場する神。『古事記』および『日本書紀』の天孫降臨の段に登場する(『日本書紀』は第一の一書)。天孫降臨の際に、天照大神に遣わされた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内した国津神。『古事記』では猿田毘古神・猿田毘古大神・猿田毘古之男神、『日本書紀』では猿田彦命と表記する。伊勢国五十鈴川のほとりに鎮座したとされ、中世には、庚申信仰や道祖神と結びついた。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/サルタヒコ

34 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:36:09.68 ID:upqqo4rE0
妖怪とはちょっと違うけど
個人的には貧乏神を推したい

35 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:37:06.97 ID:Y8DSAUb80
ワイ「妖怪リモコンかくし!!」
保育士「そうでちゅね~」

36 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:37:20.97 ID:jqDiHKNO0
ぺとぺとさん
べとべとさん

べとべとさんは日本の妖怪の一種で、夜道を歩く人間の後をつけてくるといわれる。奈良県宇陀郡では暗い夜道で遭うといい、静岡県では小山を降りてくるときに遭うという。

足音がするのみで人に危害を加えることはないとされるが、足音を不気味に感じるときには道の片側に寄って、「べとべとさん、お先にお越し」(奈良県)「お先にお越し」(静岡県)「お先にどうぞ」(同県)などと唱えれば、ついてきた人間から離れるという。妖怪漫画家・水木しげるはこの妖怪と思われるものと遭遇したことがあると語っている。水木の地元、西日本旅客鉄道(JR西日本)境線・米子空港駅の愛称が「べとべとさん」駅である。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/べとべとさん

38 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:37:55.35 ID:0TDRRLpf0
ヤカンヅル
薬缶吊る

1300552725


薬缶吊る(やかんづる)は、長野県長野地方に伝わる妖怪。ヤカンヅル、ヤカンズル、薬鑵ズルとも表記する。

やかんの姿をした妖怪。夜遅い時間に森の中を歩いていると、木の上からぶら下がって来るといわれる。同様に森の中や山中で木から器物がぶら下がる系統の妖怪は日本各地に伝承があり、青森県のエンツコ下がり、主に西日本に伝わる釣瓶落とし、岡山県のさがり、高知県の茶袋などがある。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/薬缶吊る

44 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:39:24.95 ID:sePRzxqOd
大天狗はクソ強やぞ

62 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:43:32.17 ID:16n8tse6d
>>44
実績がね
九尾→国滅ぼしまくり
鬼→京都とかいう糞田舎で軽く暴れただけ
天狗→鼻長い

78 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:46:53.54 ID:sePRzxqOd
>>62
天上世界を一瞬で滅ぼすほどの力やぞ

突然空中に強烈な閃光が見えた。天人天女が恐れおののいて樹下や石窟に隠れていると大天狗が下りてきて天人達にどんどん近づいてくる。
しかし天狗は突然空中から姿を消し、何処かへ行ってしまう。夜摩支天の王は「我々の住むさらに上には兜率天という素晴らしい世界がある。その兜率天が天狗によって一瞬の内に焼き尽くされた。その光焔を我々は見たのだ」と語る。

92 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:49:03.66 ID:16n8tse6d
>>78
ひぇっ
めっちゃ強いやん

46 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:39:37.21 ID:QhX+iEZ6a
酒呑童子
酒呑童子

Ooeyama_Emaki


酒呑童子(しゅてんどうじ)は、丹波国の大江山、または山城国京都と丹波国の国境にある大枝(老の坂)に住んでいたと伝わる鬼の頭領、あるいは盗賊の頭目。酒が好きだったことから、手下たちからこの名で呼ばれていた。文献によっては、酒顛童子、酒天童子、朱点童子などとも記されている。彼が本拠とした大江山では龍宮御殿のような邸宅に住み棲み、数多くの鬼共を部下にしていたという。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/酒呑童子

49 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:40:26.45 ID:c0Ln+UV6a


SekienNue


鵺、鵼、恠鳥、奴延鳥(ぬえ)は、日本で伝承される妖怪あるいは物の怪である。

『平家物語』などに登場し、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビ。文献によっては胴体については何も書かれなかったり、胴が虎で描かれることもある。また、『源平盛衰記』では背が虎で足がタヌキ、尾はキツネになっており、さらに頭がネコで胴はニワトリと書かれた資料もある。

描写される姿形は、北東の寅(虎)、南東の巳(蛇)、南西の申(猿)、北西の乾(犬とイノシシ)といった干支を表す獣の合成という考えもある。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/鵺

50 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:40:32.35 ID:1PFq+7xy0
火車に決まっとる
見ただけで死ぬんにゃぞ?
火車

220px-SekienKasha


火車、化車(かしゃ)は、悪行を積み重ねた末に死んだ者の亡骸を奪うとされる日本の妖怪。

葬式や墓場から死体を奪う妖怪とされ、伝承地は特定されておらず、全国に事例がある。正体は猫の妖怪とされることが多く、年老いた猫がこの妖怪に変化するとも言われ、猫又が正体だともいう。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/火車

52 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:41:21.93 ID:1FPrzE8i0
すねこすりで戦意喪失するやろ
すねこすり

sunekosuri01


すねこすりは、岡山県に伝わる妖怪の一種。人間の歩きを邪魔するとされる。

博物学者・佐藤清明による著書『現行全国妖怪辞典』(1935年刊行)によれば、岡山県小田郡に伝わる妖怪で、犬の姿をしており、雨の降る夜に現れ、夜中道を歩いている人の股間(足の間)をこするとされる。こすられた人間は歩きにくくなってしまうが、それ以外に特に危害を受けることはない。妖怪研究家・化野燐によれば、すねこすりの最古の記録はこの『現行全国妖怪辞典』が初出とされる。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/すねこすり

53 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:41:27.82 ID:NC+PTc+yd
地獄も含めたら大焦熱地獄の鬼が最強やろ
マッチ一本分で地球が消し炭になるような炎で満ち溢れてる地獄に住んでるんやぞ

59 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:42:16.97 ID:fIqoaQkW0
これって空亡じゃ無いんか?
ただの太陽で百鬼夜行は朝になったから帰った説とクソ強妖怪で百鬼夜行が逃げた説なら後者推すで

61 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:43:22.27 ID:PW4RAg9Aa
ぬーべーとうしとらなら
ぬーべーの方が妖怪に詳しそう

64 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:43:42.93 ID:L520Zlz2d
九尾ってすごいすごい言われてるけど具体的に何ができるんや
九尾の狐

280px-Hokusai_Sangoku_Yoko-den


九尾の狐(きゅうびのきつね)とは、中国神話の生物。9本の尻尾をもつ妖狐。つまり、狐の妖怪である。九尾の妖狐、九尾狐(きゅうびこ)、単純に九尾、または複数の尾をもつ狐の総称として尾裂狐(オサキ)とも呼ばれる。稲荷神との習合があり、それによって同一視もされる。

万単位の年月を生きた古狐が化生したものだともいわれ、妖狐の最終形態の存在であるとされる。

中国の各王朝の史書では、九尾の狐はしばしば瑞獣としてその姿を見せる。『周書』や『太平広記』など一部の伝承では天界より遣わされた神獣であると語られ、その場合は平安な世の中を迎える吉兆であり、幸福をもたらす象徴として描かれる。また一方では、殷の帝辛(紂王)を誘惑して国を滅亡させた妲己や、南天竺耶竭陀国(古代インド西域)の王子・班足太子の妃になった華陽夫人、御伽草子『玉藻の草紙』に登場する玉藻前を例とするように九尾の狐は絶世の美女へ化身するという話も多い。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/九尾の狐

77 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:46:39.09 ID:16n8tse6d
>>64
化けれる
毒出す

128 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:55:26.39 ID:Hj6xn5CEd
>>64
国を滅ぼせる

65 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:43:55.04 ID:07IhZzh60
バックベアードってあれ円形なんじゃなくて裂けた空間から覗いてるんだよな
でかいし最強でええやろ

74 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:46:08.06 ID:Ak5WTsbca
>>65
こマ?始めて知ったわ
こなきじじいに抱きつかれて地面這いつくばってたのは時空間ごとやったんか

105 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:50:56.73 ID:V/Osez370
>>74
こマ?こなきじじい時空間能力持ってるんか

140 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:57:52.70 ID:Ak5WTsbca
>>126
バック(空間)
ベアード(裂けた)

151 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:59:44.79 ID:c54gJsLLd
>>65
時空を操る超巨人やんけ

160 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 03:00:52.51 ID:Ak5WTsbca
>>151
しかも目合わせたら気絶

165 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 03:02:01.74 ID:16n8tse6d
>>160
気絶だけってしょぼない?

72 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:45:41.76 ID:LgK15FAs0
ブキミちゃんやぞ

a8c6dcaa
 

80 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:46:56.45 ID:YM9cL4rG0
>>72
この時間にその名前出すなや殺すぞ

73 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:45:55.26 ID:07IhZzh60
つよそう
no title

144 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:58:40.58 ID:XMmTOLSL0
>>73
目が本物みたいやな

149 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:59:21.35 ID:EPF0TQcv0
>>73
こわ
やめろ消せ

75 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:46:21.11 ID:CAjp5Vop0
白面の者が元はちっちゃな飼い狐だったっていうのは賛否が分かれそうだよな

83 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:47:26.74 ID:PVn+CDpV0
ぬーべーで1番強い敵ってなんやった?

84 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:47:45.95 ID:YM9cL4rG0
>>83
麒麟

85 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:47:49.27 ID:07IhZzh60
>>83
枕返しとか

91 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:48:52.59 ID:jqDiHKNO0
>>83
敵ではないけど絶対に殺しようが無いという意味では死神とかそういった類いもおる

90 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:48:43.47 ID:hc4COau6p
くだんやぞ


Mt_Kurahashi_Kudan


件(くだん)は、19世紀前半ごろから日本各地で知られる妖怪。「件」(=人+牛)の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。

その姿は、古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。

幕末頃に最も広まった伝承では、牛から生まれ、人間の言葉を話すとされている。生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされている。また、件の絵姿は厄除招福の護符になると言う。

別の伝承では、必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ、とする話もある。また歴史に残る大凶事の前兆として生まれ、数々の予言をし、凶事が終われば死ぬ、とする説もある。

江戸時代から昭和まで、西日本を中心に日本各地で様々な目撃談がある。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/件

95 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:49:30.68 ID:m3lyy7fz0
no title

96 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:49:49.40 ID:NKqpeuMvp
てけてけとブキミちゃんは見たら漏らすレベル

98 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:49:58.85 ID:PVn+CDpV0
神系は反則やんな
個人的には玉藻の上司?村長?みたいなやつが絶望感やった

102 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:50:47.37 ID:16n8tse6d
>>98
それが九尾やで

100 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:50:02.84 ID:at2UrsHa0
はい空狐
空狐

空狐(くうこ)とは、妖狐の位において二番目に当たる。天狐・空狐・気狐・野狐の順「善庵随筆」

天狐が1000歳、空狐が3000歳とされるように妖力においては空狐が最上位とされる。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/空狐

101 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:50:20.83 ID:bd9o2j4Da
天狗は狐や鬼とは次元が違う強さなんやがあんまり知られてないんか

108 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:51:36.09 ID:16n8tse6d
>>101
鬼って京都ちょっと荒らしただけやん
三大妖怪に入れることすらおこがましいわ

103 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:50:48.53 ID:jYg+eLwJ0
百々目鬼です
百々目鬼

20100524_1477095


百々目鬼(とどめき、どどめき。百目鬼(どうめき)とも)は、鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(巻之下 明)に記された妖怪。

石燕による解説文には「函関外史(かんかんがいし)云(いわく) ある女生れて手長くして つねに人の銭をぬすむ 忽(たちまち)腕に百鳥の目を生ず 是鳥目(ちょうもく)の精也 名づけて百々目鬼と云 外史は函関以外の事をしるせる奇書也 一説にどどめきは東都の地名ともいふ」とある。「ある女」から「百々目鬼と云」までは「盗癖のある女性の腕に、盗んだ鳥目(金銭)の精が鳥の目となって無数に現れたのでこれを百々目鬼と呼んだ」との意味だが、銅銭は中央の穴が鳥の目を髣髴させるために鳥目の異名で呼ばれており、「百目鬼」「百目貫」「百目木」などと書いて「どどめき」「どうめき」と読む地名が日本各地にあることから、百々目鬼はこの銅銭と地名から石燕が連想した創作妖怪と解釈されている。また、「鳥目」は、別に「御足」と呼ばれることもあり、「足が付く」という洒落から出来た妖怪と言う説もある。

また、栃木県宇都宮市には藤原藤太秀郷が百目鬼と呼ばれる鬼を退治したとする伝承がある。秀郷に致命傷を与えられた鬼は本願寺の智徳上人の引導によって成仏し、その最後の地を百目鬼と呼ぶようになったという。解説文の「どどめきは東都の地名ともいふ」の「東都」を宇都宮と仮定し、百々目鬼はこの百目鬼をモデルにしたとの可能性も示唆されている。この伝説にちなんだ百目鬼面と呼ぶ夕顔の表皮を加工した郷土玩具があり魔除の面として親しまれている。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/百々目鬼

109 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:51:55.76 ID:aHPZ9Q1y0
あぎょうさんは妖怪なんか?

110 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:52:18.19 ID:niTTRSzEK
九尾の狐 ←最強
二口女 ←雑魚w
女郎蜘蛛 ←雑魚w
一つ目女 ←雑魚w
二口女

Ehon_Hyaku_Monogatari_Futakuchi-onna


二口女(ふたくちおんな)は、日本の江戸時代の奇談集『絵本百物語』(1841年)にある妖怪の一つで、後頭部にもう一つの口を持つという女性の妖怪。後頭部の口から食べ物を摂取するものとされる。

下総国(現・千葉県)のある家に後妻が嫁いだ。夫には先妻との間に娘がいたが、後妻は自分の産んだ娘のみを愛し、先妻の子にろくな食事を与えず、とうとう餓死させてしまった。それから49日後。夫が薪を割っていたところ、振り上げた斧が誤って、後ろにいた妻の後頭部を割ってしまった。やがて傷口が人間の唇のような形になり、頭蓋骨の一部が突き出して歯に、肉の一部が舌のようになった。この傷口はある時刻になるとしきりに痛み出し、食べ物を入れると痛みが引いた。さらに後、傷口から小さな音がした。耳を澄ますと「心得違いから先妻の子を殺してしまった、間違いだった」と声が聞こえたという。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/二口女
絡新婦

200px-SekienJorogumo


絡新婦(じょろうぐも)は、日本各地に伝わる妖怪の一種。美しい女の姿に化けることが出来るとされていることから、本来の意味からの表記は「女郎蜘蛛」で、「絡新婦」は漢名を当てた熟字訓である。鳥山石燕の「画図百鬼夜行」では、火を吹く子蜘蛛達を操る蜘蛛女の姿で描かれている。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/絡新婦

113 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:52:25.71 ID:wqRsdQnh0
南方妖怪チンポーっていたよな
名前が最強やろ

CQc2PtsUcAQRXwg
 

116 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:53:00.65 ID:L520Zlz2d
今ぬーべーって左手が鬼の手NEOになってめっちゃ弱体化してるんやろ

120 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:53:43.95 ID:16n8tse6d
>>116
公式同人はNG

132 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:56:13.89 ID:AplG6PoAp
轆轤首やぞ

 20130228165718

133 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:56:20.07 ID:W/VgoqUy0
九尾←世界レベル
天狗←お山の大将(笑)

134 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:56:21.58 ID:tszaxVx30
日本の武闘派妖怪って侍の強さ盛るためのかませ犬やろ

145 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:58:49.35 ID:R6zT1UUod
>>134
それ言い出したら欧米もやぞ
ドラキュラとか見てみい
人物のモデルは反キリスト教徒、弱点は宗教的なモチーフや

135 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:56:32.30 ID:9nwvDAa2p
狼ってそこそこ強いのに妖怪だと狼男とかいう雑魚しかおらんな

137 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:57:33.58 ID:qZxIRhPl0
土蜘蛛やぞ
土蜘蛛

240822_tutigumosan


土蜘蛛(つちぐも)は、本来は、上古に天皇に恭順しなかった土豪たちである。日本各地に記録され、単一の勢力の名ではない。蜘蛛とも無関係である。

しかし後代には、蜘蛛の妖怪とみなされるようになった。別名「八握脛・八束脛(やつかはぎ)」「大蜘蛛(おおぐも)」。八束脛はすねが長いという意味。

時代を経るに従い、土蜘蛛は妖怪として定着していった。

人前に現われる姿は鬼の顔、虎の胴体に長いクモの手足の巨大ないでたちであるともいう。いずれも山に棲んでおり、旅人を糸で雁字搦めにして捕らえて喰ってしまうといわれる。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/土蜘蛛

142 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:58:07.18 ID:2LDZnd6c0
>>137
あいつの話は救いがないからな

138 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:57:41.43 ID:XMmTOLSL0
どれがどれが伝承で伝わってる妖怪でどれが水木しげるが考えた妖怪なのか分からんわ

150 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:59:42.26 ID:16n8tse6d
>>138
ほぼパクりやぞ

141 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 02:58:02.75 ID:c54gJsLLd
枕返しやぞ
毎日安眠妨害されて鬱発症や

156 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 03:00:26.80 ID:cbAgvr+J0
鞍馬天狗は妖怪?

163 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 03:01:46.75 ID:Ak5WTsbca
ぬづち初見での絶望感
野槌

1302100220


野槌(のづち)は、日本に伝わる妖怪あるいは野の精霊(「野つ霊」の意)。

蛇のようだが、直径15センチ、体長1メートルくらいで、太さの割りに短い。頭のてっぺんに口がある以外は目も鼻もなく、ちょうど柄のない槌のような形をしている。深山に棲み子ウサギやリスを食べる。時には人を喰うとされた。ツチノコは、野槌に似ていることから名づけられた名前である。あるいは一説に、ノヅチの伝説の元になった実在の生物ともいう。昭和40年頃には、野槌の伝承はツチノコとしてほぼ統一されている。

民俗伝承においては奈良県、徳島県、北陸地方、中部地方などを中心に伝承されている[3]。シカを一飲みにする、転がってくる野槌に当たると死ぬ、野槌に見つけられただけでも病気を患ったり、高熱を発して死ぬともいう。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/野槌

183 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 03:05:17.12 ID:7wt1yH3w0
ペルソナ2だったか3だったかの影響で、件ってすごい強い妖怪なんだと思ってた

193 名前をおもちでないようです 2016/10/24(月) 03:09:00.40 ID:17Cokk120
都会にいたら見上げ入道とか恐ろしい成長しそう
見上入道

1253548795


見上入道(みあげにゅうどう)とは、佐渡島(新潟県佐渡市)に伝わる妖怪。見越し入道に類するもの。

夜中に小坂路を登って行くと、小坊主のような姿で前方に現れ、こちらが見上げると背が高くなり、見ている人は後ろに倒れてしまうという。「見上入道、見越した」と唱え、前に打ち伏すと消えるといわれている。佐渡郡羽茂町(現・同)では、辻堂坂という場所に現れる見上入道が旅行者から食べ物や金を奪うともいわれた。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/見上入道

元スレ: http://raptor.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1477243681/

1001:名前をおもちでないようです 2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

おもちちゃん90
日本って妖怪多すぎない?



ネル子細90
日本に伝わってないだけで
マイナー妖怪がいるのでは?

-妖怪・怪物

1002: おもちちゃん特選記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

1003: おもちちゃんねる関連記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

1004: おもちちゃん特選記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com
1005: おすすめサイト新着記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com
  1. 匿名希望 より:

    空狐かなーって思ってたけど天狗やべぇな

  2. 匿名 より:

    閻魔ちゃんが最強‼︎

  3. 地獄愛鬼 より:

    閻魔ちゃんが最強‼︎

  4. あるる より:

    調べたら
    天狐←1000年以上生きてる天狗と同一
    空狐←妖狐最強の妖力だが、妖狐のランク
    では最下位。尻尾が0だから…?

    天狗と同一と言われるほどの天狐より妖力が上のため、空狐が上です
    ウィキペディアにのってます
    妖狐」で検索してください

  5. 匿名 より:

    マサカドじゃね?

  6. 匿名 より:

    天上界を滅ぼしたのは天狗ではなくて大天狗だよ。不死身であり、高次元の天界を一瞬にして滅ぼす力、神仏でも手がつけられない大魔王。阿修羅などと同様に諸天に害をなす存在として語られている。

    九尾とか空狐じゃ話にならない。
    大天狗のwikiを読んでごらん

  7. 匿名 より:

    日本の妖怪じゃないけど斉天大聖美猴王、
    お釈迦様に負けたら弱体化したけど

  8. 匿名 より:

    ただの太陽って表現あったけどプロミネンスの射程(長さ)は80万km…

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧