アンテナヘッドライン

ミリタリー

「日本刀」 と 「ダマスカス刀剣」 美しさや武器としての性能、どちらが優れているの?

投稿日:2016年8月14日 05:00

img1
dam


1: セルカークレックス(東京都) 2013/01/26(土) 10:35:06.15 ID:BuZ8P0gVT● BE:2346958894-PLT(12001) ポイント特典
名刀の予感…たたらに火入れ<動画あり>

 日本刀の材料になる玉鋼づくりを継承する日本美術刀剣保存協会(東京)は23日、島根県奥出雲町の日刀保(にっとうほ)
たたらで火入れ式をし、ことしの操業を始めた。

 炉は粘土製で高さ1・2メートル、幅0・9メートル、長さ2・7メートル。神事の後、村下(むらげ)=技師長=の木原明さん(77)と
村下代行の三上孝徳さん(57)が砂鉄と木炭を炉に投入した。作業場には、ふいごで炉に風を吹き込む音が響き、そのたびに
約2メートルの炎が噴き上がり火の粉が散っていた。

 26日午前まで3昼夜、12人が交代で作業に当たる。砂鉄10トン、木炭12トンを30分ごとに入れ溶かし、玉鋼を含むケラ約3・5トンを
作る。2月上旬までに3回操業し、ケラから取り出した玉鋼計約7・5トンを全国約250人の刀匠に供給する。

 日刀保は、戦後途絶えていた古来の方法で玉鋼をつくるたたら製鉄を1977年に復活させた。木原さんは「ことしは山吹色のいい炎が
上がっている。名刀ができる玉鋼をつくりたい」と意気込んでいた。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201301240136.html

2: サーバル(埼玉県) 2013/01/26(土) 10:35:58.93 ID:zkROMYekP
ククリナイフが一番美しい

 gurkha

317: ターキッシュアンゴラ(熊本県) 2013/01/27(日) 16:56:10.87 ID:v2b85eVS0
>>2
グルカ?

5: ヨーロッパオオヤマネコ(大阪府) 2013/01/26(土) 10:37:43.83 ID:Mn/P8V0s0
美しさは日本刀だろ
後年はそればかり追求してるのだし

実用性は 以外ともろいから微妙らしいけど

246: ペルシャ(芋) 2013/01/26(土) 20:34:07.19 ID:q0Zy0l0Y0
>>5
江戸時代の統治が長過ぎて日本刀が武器から身分を示す装飾品に成り下がった。
色んなブランドできたのもこの頃。

248: ライオン(関西地方) 2013/01/26(土) 20:45:27.20 ID:JEjiiD9c0
>>246
元々戦場の武器は弓と槍で刀なんてサブウエポンでしかなかったけどな

254: マンクス(東京都) 2013/01/26(土) 21:48:07.29 ID:4QwwXqST0
>>248
それ単に役割が違うってだけだぞ。槍も接近戦じゃ使い物にならないから
刀があるだけで。

319: オシキャット(東京都) 2013/01/27(日) 17:32:30.04 ID:TUkSXvI10
>>254
>それ単に役割が違うってだけだぞ。槍も接近戦じゃ使い物にならないから
>刀があるだけで。

本物の日本の中世戦争で日本刀は邪魔だ。
槍だ。

322: シャルトリュー(東京都) 2013/01/27(日) 17:43:28.62 ID:+VyZT7oq0
>>319

状況次第でその邪魔な武器が槍や鉄砲より活躍したりするわけで。
実際は武器のスペックの正面からのぶつけ合いじゃないからねえ。

フロイス『日本史』
・彼我の戦備は極度にちぐはぐであった。すなわち隆信勢は多数の鉄砲を
有していたが弓の数は少なく、長槍と短い太刀を持っていたのに反し、
薩摩勢は鉄砲の数が少なかったが多くの弓を持ち、短い槍と非常に
長い太刀を備えていた。
・そして戦闘が開始された。それは熾烈をきわめ、両軍とも槍を構える暇もなく、
手当たり次第に刀で相手の槍を切り払った。薩摩勢は、敵の槍など
眼中にないかのように、その(真只)中に身を投じ、鉄砲も弾を込める
間がないので射つのをやめてしまった。

・土佐の鉄砲隊は味方から全面的に期待をかけられていながら
鉄砲を発射する時間も場所もないほどであった。というのは、
薩摩軍は太刀をふりかざし弓をもって、猛烈な勢いで来襲し、
鉄砲など目にもくれなかったからである。

7: ラグドール(家) 2013/01/26(土) 10:38:54.09 ID:QhHJIDTH0
そもそもダマスカス鋼自体が失伝して作れないんじゃなかったっけ

10: ハバナブラウン(山口県) 2013/01/26(土) 10:42:27.76 ID:HjC13bFU0
>>7
再現を試みて出来たのがステンレスだっけ。

293: バーマン(やわらか銀行) 2013/01/27(日) 11:29:08.61 ID:Yk+b6Ub60
>>10
違う
ぐぐってみろ
ステンレスは隕鉄を模した物

12: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 10:43:35.82 ID:UjpRwlPMP
>>7
日本刀最強の古刀も地鉄から構造まで実際のとこはっきりとしたことはわかっていない
今の日本刀は江戸時代末あたりの作り方

132: トラ(dion軍) 2013/01/26(土) 13:52:47.23 ID:onxAQvDB0
>>12
鎌倉以前の古刀は使われていた砂鉄が枯渇したから再現が困難なだけ
作り方はずっと一緒だよ

152: サーバル(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 14:07:59.88 ID:ZE5i18MXP
>>132
え?w

156: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 14:12:37.51 ID:UjpRwlPMP
>>132
古刀の地鉄や刀身構造のハッキリしたことはわかってないよ
輸入鉄や国産鉄、硬・軟様々な鉄の複合的な地金による丸鍛えが多かったらしい


>古刀は慶長以前、600年の永い期間に亘って造られた刀。鋼材・作刀法は未だ謎に包まれた部分が多い。
>古代刀及び古刀は舶載鉄、或は国産塊練鉄、銑(ずく)、及びその中間物質が混沌とした素塊などを卸した地鉄)を使っていたと推定される。
>刀身構造は丸(無垢)鍛えが多く、次いで割刃金、更に硬・軟鋼の合わせ鍛え、マクリや甲伏鍛えまで実に変化に富んでいた。

http://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_051.htm

>ただし、ここで覚えておかねばならない重要なことがあります。それは、一般に言われる玉鋼を材料とし、芯鉄を皮鉄でくるむという作刀法は、
>新刀期以降の作刀法であり、それが現在に伝承されているということです。古刀期の日本刀の作刀法や材料などは今だハッキリとは解明されておらず、
>「日本刀の出来るまで」で解説しているような作刀法は、新刀期以降の作刀法を受け継いだものなのです。従って古刀期の刀工達がこのような行程で
>刀を作っていたかどうかは分かりません。少なくとも古刀期には玉鋼はありませんので、玉鋼で作刀されたということはありません。


8: マヌルネコ(福岡県) 2013/01/26(土) 10:39:16.16 ID:6MYVo/vC0
ダマスカス鋼を日本刀の制法で鍛えたらどうなんの?

9: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 10:39:23.91 ID:UjpRwlPMP
新新刀以降の日本刀って妄想が入り乱れてて気持ち悪い
折り返し鍛錬だの玉鋼だの皮・心鉄だのと

13: サーバル(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 10:45:46.03 ID:ZE5i18MXP
>>9
同意
古刀が実は素延べだと聞いて納得したもん

14: スノーシュー(岩手県) 2013/01/26(土) 10:47:48.87 ID:2HCJQngP0
包丁にダマスカスみたいな模様出てるのがあるね

15: イリオモテヤマネコ(鳥取県) 2013/01/26(土) 10:49:24.58 ID:QMfxChrA0
電工ナイフでダマスカス鋼のがあって、安い割に切れ味が良かった
さっさと再販しろベッセル

16: ハイイロネコ(家) 2013/01/26(土) 10:49:31.28 ID:msC5ukKb0
ダマスカス鋼の精錬技術が残って無いとかインド人は何やってたのか

17: キジ白(禿) 2013/01/26(土) 10:51:51.06 ID:BVzs5gBc0
日本刀の製作行程は見てるだけで面白い

18: ジャガー(千葉県) 2013/01/26(土) 10:52:59.66 ID:DRtMLkqd0
でも満鉄刀が最強なんだろ?

19: ヨーロッパオオヤマネコ(関東・甲信越) 2013/01/26(土) 10:53:26.75 ID:SS0NFac80
また2ちゃんで仕入れた知識で知ったかするスレかー

20: バーマン(家) 2013/01/26(土) 10:54:02.78 ID:9ncXyUC30
ダマレカス

23: イリオモテヤマネコ(北海道) 2013/01/26(土) 10:55:29.02 ID:Psh7sZI50
もういいよ日本刀叩きは。なんでそんなにいじめんの

25: ジャガー(千葉県) 2013/01/26(土) 10:56:55.26 ID:DRtMLkqd0
国内のマテリアル系企業に仕様だけ渡してコンペさせれば史上最強の刀剣が出来ると思うの。

54: セルカークレックス(栃木県) 2013/01/26(土) 11:22:03.59 ID:8iTSFurs0
>>25
リアル斬鉄剣ってのが昔あったけど、まともに最強の刀を作ろうとする企業ってないもんかね?

昔の伝統を守るのも大切だろうけど、今の技術で日本刀を進化させようという気が見られないよね
サバイバルナイフや包丁メーカーがちょっとがんばってるぐらい

61: サーバル(東京都) 2013/01/26(土) 11:30:13.98 ID:9djIBo+JP

369: ヒョウ(庭) 2013/01/28(月) 13:24:49.78 ID:gATe+Wwy0
>>61
これ輸入できないのかな?

173: ボブキャット(家) 2013/01/26(土) 15:18:45.74 ID:VPEPsZIr0
>>54
それやると銃刀法違反
伝統的な日本刀は「美術品」として扱ってるので存在できている

259: 黒トラ(家) 2013/01/26(土) 22:26:27.77 ID:7Tu5J80a0
>>54
昔は南満州鉄道株式会社が頑張ってたんだぜ

27: トンキニーズ(長屋) 2013/01/26(土) 10:57:50.57 ID:Y9kjRz/O0 BE:191346293-PLT(18000)
ククリ刀が一番やろ

31: サーバル(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 10:59:27.89 ID:ZE5i18MXP
>>27
ククリでは二の太刀に無理がある

37: ジャガー(dion軍) 2013/01/26(土) 11:03:44.60 ID:hisomgjr0
>>31
でも飛んできた弾丸切ったりできるし

57: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 11:24:43.37 ID:UjpRwlPMP
>>37
焼き入れした鋼の刃に鉛玉ぶつけたらどうなるかってことだろ?
別に日本刀じゃなくても結果は同じだよ

51: ピューマ(四国地方) 2013/01/26(土) 11:19:09.95 ID:2iPaTCqi0
>>31
二の太刀など不要。
一の太刀を疑わず振り下ろすべし。

30: ジャガー(dion軍) 2013/01/26(土) 10:58:43.10 ID:hisomgjr0
今売ってるダマスカスって見た目だけなんだろ?

32: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 10:59:56.51 ID:UjpRwlPMP
>>30
今の日本刀も見た目だけだよ

33: ジャガーネコ(宮城県) 2013/01/26(土) 11:00:34.34 ID:HUyj4DW60
ウーツ鋼のククリナイフが美しい

35: サビイロネコ(関東・甲信越) 2013/01/26(土) 11:01:37.56 ID:CjTztwkrO
どんな銘刀でも
実際の戦闘では槍には敵わないだろう。

36: エジプシャン・マウ(京都府) 2013/01/26(土) 11:01:41.56 ID:+NNDVUnf0
うるせー
シナート一択だ、馬鹿

38: スペインオオヤマネコ(北海道) 2013/01/26(土) 11:05:11.85 ID:ujJR01GT0
大勢で囲んで長い棒でど突き回すのは完成された戦闘スタイルだもんな

43: ハイイロネコ(家) 2013/01/26(土) 11:10:53.48 ID:msC5ukKb0
>>38
モンゴルにボコられた西洋の重装騎士と同じ戦法だけどね
ちなみにボコられたその戦法を軽装でやろうとしてるw

39: ヨーロッパオオヤマネコ(関西・東海) 2013/01/26(土) 11:08:23.31 ID:0IJxf4wo0
日本刀は刃が薄いから時代劇みたいに刀同士をぶつけあうとすぐ刃こぼれして使え無くなるんだよな、実際は。
その点でいくと斧みたいな刃の外国の刀は、切れ味は悪いが戦いには実用的なんだよな

42: ライオン(東京都) 2013/01/26(土) 11:10:45.24 ID:DXO76ta30
>>39
鈍器みたいなもんだからな。
甲冑の上からでもぶん殴れるように。

80: ラグドール(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 12:16:30.06 ID:tNs10HVA0
>>39
太刀なんかは、そういう遣い方をしたかしないかはともかくとして
一応対鎧も想定してあるので、薄い刃ではなくハマグリ刃になってるけどな
かみそりみたいな薄い刃は江戸時代に多い。

40: サーバル(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 11:09:05.76 ID:ZE5i18MXP
日本人は古来から武術に関して夢想家すぎる
そのせいか流派にも夢想と付くものが異様に多い

41: ジャングルキャット(大阪府) 2013/01/26(土) 11:09:27.02 ID:lDZaGTPU0
馬鹿野郎どっちもかっこいいじゃねえか

44: スナネコ(西日本) 2013/01/26(土) 11:14:14.99 ID:WW3nxbpm0
槍並のリーチと弓を超える射程を持った銃剣が最強って事か
戦列歩兵に「着剣!突撃!!」って指令だしてみたいは

45: サーバル(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 11:16:10.20 ID:ZE5i18MXP
剣道家スレに行くと、剣道家なら正中線取れるから素手でも格闘家に勝てるとか言ってるやつがゴロゴロしてるんだよな
日本で剣やってる奴って古来から夢を見過ぎなんだよ

49: ジョフロイネコ(大阪府) 2013/01/26(土) 11:17:43.71 ID:oYt4WX0y0
>>45
剣道三倍段なんやで

58: サーバル(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 11:24:53.18 ID:ZE5i18MXP
>>49
武器持ったら誰でも強さ三倍だよって意味だよバカ

63: ハバナブラウン(関西・東海) 2013/01/26(土) 11:34:36.05 ID:48bc0XygO
>>58 ぐぐれかす

47: イリオモテヤマネコ(東日本) 2013/01/26(土) 11:16:25.22 ID:vU9IxirzO
そもそも比較する意味あるのか?

53: ハイイロネコ(家) 2013/01/26(土) 11:21:22.09 ID:msC5ukKb0
>>47
ダマスカスはその奇抜で美しい模様が印象的でとても有名だからね
そのダマスカスさんとこの国の刀を比べてみたい気持ちは分かる

48: ボルネオヤマネコ(庭) 2013/01/26(土) 11:17:39.94 ID:sev6q/t1P
戦場で実際に剣って使われてたの?
実戦では槍の方が強い気がする

52: スフィンクス(チベット自治区) 2013/01/26(土) 11:20:23.09 ID:R1AbX5yV0
>>48
日本は一騎討ち社会だろ
ヤアヤア我こそはみたいな名乗りから始まって
それでも別に槍でもいいか

56: サーバル(東京都) 2013/01/26(土) 11:24:41.69 ID:9djIBo+JP
>>48
長物はやぱり小回り効かないんじゃね?
騎馬でなら槍も有効だと思うが

62: コーニッシュレック(東京都) 2013/01/26(土) 11:30:29.64 ID:etMyvPQN0
実物のダマスカス剣を分析したところ、カーボンナノチューブ構造が発見されたってマジなんかね

81: ピクシーボブ(中国・四国) 2013/01/26(土) 12:19:24.64 ID:URfwixEYO
>>62
そんな情報で騙すカス

85: アメリカンショートヘア(宮城県) 2013/01/26(土) 12:37:48.57 ID:bVcWWjzq0
>>62
カーボンナノチューブ構造ってなんだよ
モリブデンとかタングステンのナノチューブがあったって事か?

94: コーニッシュレック(東京都) 2013/01/26(土) 13:01:03.29 ID:etMyvPQN0
>>85
ウィキペディアにソース付きで記述されてたぜ

100: アメリカンショートヘア(宮城県) 2013/01/26(土) 13:08:54.55 ID:bVcWWjzq0
>>94
読んだよ
カーボンナノチューブが含まれてたって事で
やっぱりおまえの表記は間違ってるよ

122: コドコド(大阪府) 2013/01/26(土) 13:36:57.02 ID:cFY9TSXR0
>>100
重箱の隅をつつく仕事、ご苦労様です

130: アメリカンショートヘア(宮城県) 2013/01/26(土) 13:48:00.23 ID:bVcWWjzq0
>>122
おまえは放射線を放射能と言っても気にならないタイプなんだな

66: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 11:40:53.86 ID:UjpRwlPMP
日本だと伝統的な製法でつくった日本刀以外は
銃刀法に触れるから販売も所持もできないらしい。
西洋の真剣とか欲しいんだけどな。学術的な目的じゃないと無理かな。

70: セルカークレックス(茨城県) 2013/01/26(土) 11:47:45.63 ID:B2UOO7w40
>>66
日本刀は・・・我が国独自の製作方法と様式美を持った刀剣であるが・・・古くから我が国において美術品としての鑑賞の対象とされてきた、
というのであり、これらの認定事実に照らすと、規則が文化財的価値のある刀剣類の鑑定基準として、前記のとおり美術品として文化財的
価値を有する日本刀に限る旨を定め、この基準に合致するもののみを我が国において前記の価値を有するものとして登録の対象にすべき
ものとしたことは、法一四条一項の趣旨に沿う合理性を有する鑑定基準を定めたものというべきであるから、これをもって法の委任の趣旨を
逸脱する無効のものということはできない。そうすると、上告人の登録申請に係る本件サーベル二本は上告人がスペインで購入して日本に
持ち帰った外国刀剣であって、規則四条二項所定の鑑定の基準に照らして、登録の対象となる刀剣類に該当しないことが明らかであるから、
以上と同旨の見解に立って、上告人の右登録申請を拒否した被上告人の本件処分に違法はないとした原審の判断は正当として是認する
ことができ、原判決に所論の違法はない。

79: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 12:16:29.63 ID:UjpRwlPMP
>>70
>我が国独自の製作方法

で、この独自の製作法っての玉鋼主体で折り返し鍛錬したものなんだろ?
古刀は玉鋼じゃないし折り返し鍛錬もしてないものがあるんだが
この裁判官にとって古刀は日本刀じゃないのかな

78: ボルネオヤマネコ(dion軍) 2013/01/26(土) 12:15:24.28 ID:DTErPi0rP
日本刀とか実用性皆無のおもちゃw
ジャップの見栄っ張りの象徴

324: オシキャット(東京都) 2013/01/27(日) 17:45:09.75 ID:TUkSXvI10
>>78
>日本刀とか実用性皆無のおもちゃw
>ジャップの見栄っ張りの象徴

当時の通勤携帯モバイル武器としては、日本刀が最高だった。

325: シャルトリュー(東京都) 2013/01/27(日) 17:49:27.35 ID:+VyZT7oq0
>>324
おーい、その戦争では邪魔な通勤携帯モバイル武器が戦争で活躍している件についての
反論と、実際に邪魔者扱いされた根拠についてはどうなりましたか?

83: サビイロネコ(関東・甲信越) 2013/01/26(土) 12:29:30.85 ID:CjTztwkrO
戦国時代の統計を見ると
実際に合戦で戦闘死のデータでは
弓 鉄砲 槍での死傷者がほとんどだから
刀なんてオシャレ護身道具みたいな物でしょう

87: ベンガルヤマネコ(新疆ウイグル自治区) 2013/01/26(土) 12:43:12.79 ID:bkh2foHQ0
>>83
よく考えれば足軽部隊とかが刀を振り回して攻めるわけもないしな
大将の首を取ろうとするならともかく
でもある最近の大河ドラマで一部隊が腰から刀を抜いてかけ出すシーンがあって吹いた

101: スコティッシュフォールド(新疆ウイグル自治区) 2013/01/26(土) 13:10:04.53 ID:4q/WO1+P0
>>83
長巻という戦のための刀はある、
鈍くさいなら槍で戦うよりこっちの方がお勧め。
江戸時代になって個人所有は禁止されたけどね。

86: アメリカンショートヘア(宮城県) 2013/01/26(土) 12:39:35.98 ID:bVcWWjzq0
インチキダマスカスは見た事あるんだけど
本物って現存してるの?

97: イリオモテヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 13:07:51.15 ID:M/KpE0No0
>>86
ないよ。全て想像だからこんなに伝説的な人気がある。
実際どうかなんてさっぱりわからない。

113: 三毛(千葉県) 2013/01/26(土) 13:27:54.35 ID:2C7U/PHG0
金属加工とかに使われる鋼材の方が硬いんじゃないの?

115: サーバル(兵庫県) 2013/01/26(土) 13:28:24.14 ID:DFA2X02vP
うちの包丁がダマスカスだわ。とても綺麗だよ。調理師の嫁が刃物屋に
いろいろ言って一番のお勧めは?と言ったらこれだったらしい。
すごいよく切れるけど、嫁は値段を言わないんだ。

118: ヒョウ(東京都) 2013/01/26(土) 13:30:44.29 ID:7Y35Rdak0
>>115
くだらねーと思いながらぐぐったら本当にあるんだな
なんか怖ぇー包丁
no title

no title

119: ハバナブラウン(東京都) 2013/01/26(土) 13:31:45.80 ID:h8yyvIqX0
>>115
それ本来のダマスカス鋼じゃないけどね

121: ジャガー(埼玉県) 2013/01/26(土) 13:34:15.43 ID:JIQJ80oA0
日本刀は凄いと思うよ 製法からして最強に作られているよね
砂鉄から炭そして鍛錬の過程 世界でも最高位だと思う

124: ボンベイ(神奈川県) 2013/01/26(土) 13:38:48.85 ID:W0efPkT80
でも、ほこたてのドリル対金属に出てくるような金属には
あっさり負けるんだろ?

129: ハバナブラウン(東京都) 2013/01/26(土) 13:47:36.01 ID:h8yyvIqX0
>>124
そういうのって超硬合金みたいな硬い金属だろうけど
一般的に硬い金属って脆くなるから刀みたいな武器の材料には向かないんだよ
刀には一定程度のしなやかさが無いと、すぐ折れちゃうからね

125: 三毛(東京都) 2013/01/26(土) 13:41:30.37 ID:YZlNrQ0H0
最新素材の平成軍刀はよ

127: アメリカンショートヘア(宮城県) 2013/01/26(土) 13:47:00.96 ID:bVcWWjzq0
>>125
需要がねぇよw

140: ユキヒョウ(東日本) 2013/01/26(土) 13:56:35.72 ID:QdCDteT20
日本刀のワクワク感は異常。
刀身が芸術的すぎる。
世界でもこれだけ美しい人殺しの道具なんてないだろマジで

141: シャム(長野県) 2013/01/26(土) 13:57:32.26 ID:IitALIQq0
ヒヒイロカネをはやく解明して欲しい
ヒヒイロカネ

ヒヒイロカネは、太古日本で様々な用途で使われていたとされる、伝説の金属または合金。緋緋色金、日緋色金とも表記し、火廣金(ヒヒロカネ)、ヒヒイロガネ、ヒヒイロノカネとも呼称し、青生生魂(アポイタカラ)はヒヒイロカネを指すといわれる。現代の様々なフィクションにも登場する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒヒイロカネ
 

142: ジャガランディ(兵庫県) 2013/01/26(土) 13:57:33.12 ID:fQBZGffI0
日本刀は柄の部分弱そう。

145: ユキヒョウ(東日本) 2013/01/26(土) 14:00:23.66 ID:QdCDteT20
いつか金に余裕ができたら家にこうやって名刀を飾りたいなぁ

no title

163: イリオモテヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 14:39:39.12 ID:M/KpE0No0
>>145
実際名刀をそうやって家で飾るのは躊躇われるだろうな。
もったいなくて。

164: スコティッシュフォールド(新疆ウイグル自治区) 2013/01/26(土) 14:46:44.92 ID:4q/WO1+P0
>>163
実際に使われた刀は
あまり人目の付くとこには置かない方が良いって話もあるね。

166: イリオモテヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 14:50:51.01 ID:M/KpE0No0
>>164
古の名刀なら何かしら死体なり人をバッサリやってるだろうな。。

178: コラット(沖縄県) 2013/01/26(土) 15:32:24.14 ID:d0c0rkHg0
>>145>>163
床の間に刀を置くのはただの飾りじゃないぞ
床の間は文字通り寝室
賊が忍び込んだときにパッと刀を取れるように置いてある

181: イリオモテヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 15:34:59.09 ID:M/KpE0No0
>>178
こういうのって躓いて転んだ拍子にバッサリって事故は過去にないのかな?

185: コラット(沖縄県) 2013/01/26(土) 15:42:19.41 ID:d0c0rkHg0
>>181
普通は鞘に収めて置いておくもんじゃね?
多分刀身むき出しで置くのは模擬刀が当たり前になった近代からじゃなかろうか

167: ユキヒョウ(東日本) 2013/01/26(土) 14:59:12.37 ID:QdCDteT20
普通に室町時代の刀とか50万しないで売ってるんだな
http://n-kosen.com/katana/A898.html

手入れされていた日本刀って
古美術品なのに、古く感じないのがいいよね

168: サーバル(兵庫県) 2013/01/26(土) 15:02:00.35 ID:DFA2X02vP
>>167
新刀って書いてるけど室町なん?

175: ライオン(関西地方) 2013/01/26(土) 15:22:30.35 ID:JEjiiD9c0
>>167>>168>>169

銘の肥前国住近江大掾藤原忠広ってのがそもそも江戸時代の人のようだ
だから新刀ってのが正解で、室町って書いてあるのはただの間違いだな

186: マンクス(東京都) 2013/01/26(土) 15:43:06.34 ID:4QwwXqST0
>>167
それは刀匠の時代から言って新刀期(江戸初期~)の誤りだけど、
実際室町後期の末古刀期は大量に作られた時代だから物が豊富で
50万しない刀も珍しくないよ。

192: ジャガー(埼玉県) 2013/01/26(土) 16:00:46.86 ID:9WN8KXaL0
グルカ兵が乗っていた列車が強盗にあったときに、武装強盗団をククリナイフで3人殺したって
ニュースがあったよな。訓練受けた兵士のナイフ捌きってどんなもんか見てみたいものだ。

197: ヤマネコ(長屋) 2013/01/26(土) 17:07:32.01 ID:ysFsRc9V0
京セラのセラミック刃のほうが優秀に決まってるだろ

206: アムールヤマネコ(埼玉県) 2013/01/26(土) 17:36:30.16 ID:DOWuQmzp0
>>197
夢の無い奴だな

215: ラガマフィン(福岡県) 2013/01/26(土) 18:10:48.27 ID:5wCSNv660
ダマスカスの斬れ味が見てみたい

220: チーター(愛媛県) 2013/01/26(土) 18:21:41.37 ID:84hZ7e3i0
>>215
インドの失われた幻のというか、オリハルコン並みに謎なダマスカス鋼は知らんけど
積層鋼は見た目だけやろ、24層ダマスカスの剣鉈持ってるけど、普通に青紙2号の切れ味w
それでも、流石青紙、猪の皮剥ぎとかもこなしながら、首を切り落としたり、一本で何でもできる切れ味

225: ラグドール(やわらか銀行) 2013/01/26(土) 18:24:58.80 ID:tNs10HVA0
>>220
あと冷却方法でも刃の強度が変わるから、ダマスカス剣はそれもわかって居ないらしいな
一説には、筋骨たくましい男奴隷を用意して、太陽のように輝くまで熱した剣を
この奴隷に突き込んで冷やす、そうするとこの奴隷の力が剣に移り強い剣となる
みたいなことが書かれたものがあるらしいが、これは絶対試すことができないからな
まあ、昔のことだから人柱の一種では有るんだろうが。

252: ボルネオヤマネコ(東京都) 2013/01/26(土) 21:43:31.98 ID:UjpRwlPMP
ダマスカス鋼の地肌の再現って鍛錬のさいに捻るんだな

no title



266: サビイロネコ(東京都) 2013/01/27(日) 02:14:31.06 ID:nyvl3p/xT
新刀以降は糞ってのが定着してきてるな
数年前まで古刀とか新刀とか区別できない奴が殆どだったのに

285: オリエンタル(山形県) 2013/01/27(日) 09:18:02.60 ID:9AK70NzH0
日本刀の凄さは、装飾用と言われる普及刀ですら、凄まじい切れ味を誇る事
普及刀に弾丸を当てる実験で、弾丸が真っ二つになったのは驚いた
意外にも刃こぼれはなかった

286: ラ・パーマ(やわらか銀行) 2013/01/27(日) 10:53:33.44 ID:OJjB9P6a0
>>285
でもあれってさ、突き詰めて考えたら、鋼と鉛はどっちが硬いかというだけの話だったんじゃないかと。

341: ツシマヤマネコ(埼玉県) 2013/01/27(日) 22:32:37.02 ID:gfZQoLeD0
>>286
違うよ、エネルギーの問題
日本刀じゃなくて薄い鋼板なら貫通したり変形したりするだろ。
パチンコ玉でも宇宙空間のデブリ並みに加速すれば厚さ数cmの鋼板も貫いてしまうよ
理論的には豆腐でも人の頭をかち割れる

要はあの時の刀が大エネルギーに耐えたと言うこと

318: ブリティッシュショートヘア(北海道) 2013/01/27(日) 17:29:12.79 ID:1AEF3qob0
ジャマダハルの格好良さと攻撃の美しさはは異常とすら思える。

a3d6e7faf2b3c2e7455bd472043dd087da7a25321378176613
 

328: ヨーロッパオオヤマネコ(SB-iPhone) 2013/01/27(日) 17:57:08.58 ID:w9jB2vtLi
江戸時代の日本刀って今で言うと250万位からだったらしい。
今で言うと自動車と同じ位らしいぞ。

329: ライオン(東日本) 2013/01/27(日) 17:59:29.40 ID:5Jn8VDck0
あの時代の収入で250万とか貯めるの大変だったろうなあ

330: ラ・パーマ(やわらか銀行) 2013/01/27(日) 18:03:22.77 ID:OJjB9P6a0
>>329
鎧も今で言うと億単位の値段だったみたいだよ
たしか、屋敷を構えるには一生の収入ほどの金が要るが
鎧を新調するには、それ以上の金が掛かるみたいな話を
どこかで読んだことがある。

332: ライオン(東日本) 2013/01/27(日) 18:10:50.39 ID:5Jn8VDck0
>>330
億か・・・今で言うなら自分で戦車調達して戦争に参加する様な物かね
経済的に絶対無理

331: アジアゴールデンキャット(大阪府) 2013/01/27(日) 18:07:53.76 ID:3aVhyKeaP
近所の鍛冶屋のおっさんが玉鋼はもう無いから昔のやつをかき集めて
それを使うとか言ってたけどあるんだね

333: ライオン(東日本) 2013/01/27(日) 18:19:28.60 ID:5Jn8VDck0
>>331
あるよ
日立何処かが作ってたはず刀匠以外の一般流通はしてないらしいけど

337: ピューマ(やわらか銀行) 2013/01/27(日) 21:44:49.26 ID:sZchleB40
>>331
江戸時代でもいい刀は昔の寺社を解体した時に出る古釘を使って刀打ってたし
昔の鉄ってそんなにいいもの使ってたんだろうか

344: アジアゴールデンキャット(大阪府) 2013/01/27(日) 22:58:52.81 ID:3aVhyKeaP
>>337
あーそれそれ、釘って言ってたわ
なんかイイらしいよ

343: エジプシャン・マウ(やわらか銀行) 2013/01/27(日) 22:56:29.97 ID:ugQc5dvp0
ダイソーの包丁でも中世に持ってきゃかなりの貴重品じゃないの?
ダイソーの手鏡なんて、卑弥呼の時代に持ってきゃ国が買えると思うわ。

347: ライオン(東日本) 2013/01/27(日) 23:14:42.22 ID:5Jn8VDck0
>>343
そらそうでしょステンレスの庖丁なら国宝物でしょ
普通の鋼の庖丁ならそこまでではないんじゃない
鏡は卑弥呼に神と崇められるわ・・・何が言いたいのかは意味不明だけど

351: ピクシーボブ(やわらか銀行) 2013/01/28(月) 01:25:00.39 ID:8nxFjlN10
再現不可能ってのは
昔の技術、設備、材料で当時の日本刀が作れたのはオーバーテクノロジー
ってだけで、現在越えられるものを作れないって意味じゃないぞ

352: ロシアンブルー(やわらか銀行) 2013/01/28(月) 01:29:00.24 ID:kT2bxt2N0
>>351
現在の規制下では越えられるものを作れない、ということだと思う
タタラ製鉄の鉄か古い和鉄で無いとダメ、鍛錬法が指定のものでないとダメ
焼き入れも指定の方法で無いとダメ、という感じでがんじがらめだから
切れ味なんて追求できないらしい、現代刀は、折れず曲がらずよく切れる
では無くて、折れやすくよく切れない飾り物としかいえない状態らしいよ。

353: スコティッシュフォールド(神奈川県) 2013/01/28(月) 01:41:23.81 ID:lzyfaE1c0
今の日本刀なんてほとんど日立の子会社から製鉄済みのものを買ってるだけだから。
8割以上はみんな一緒の鉄使ってるんだよ

地域ごとに性質の異なる砂鉄を集め、たたら製鉄を行い、地域ごととに鉄の個性を出すことが日本刀の基本なんだが
それ以上に技術を残す為に必要な手間と金を出資する奴が居ないことが問題。
今、国に登録されている刀工の住所を見たらいい。ほとんどが格安賃貸アパートだから。

おまえら日本の培ってきた技術云々を心配するくらいなら、最高級の一品を注文してやれ

354: ロシアンブルー(やわらか銀行) 2013/01/28(月) 01:47:10.81 ID:kT2bxt2N0
>>353
その日立の子会社が作って玉鋼が、良くないという話が多いんだよな
脆くて見た目ばかりぴかぴかの刀になるらしい。

361: ジャガー(北海道) 2013/01/28(月) 04:45:49.94 ID:mPkCRz6x0
古臭い日本刀の製造方式に頼らず、今ある独自の材質で新たな製造法を追求していけばいいのに

364: スコティッシュフォールド(神奈川県) 2013/01/28(月) 07:33:42.91 ID:lzyfaE1c0
>>361
そういうのはZDP189鋼とか普及帯ならVG10あたりでとっくに追求されとるわ阿呆
固さと粘り強さを持つ鉄の芸術が分からん人間は、ダイソーのステンレス包丁でも使っとれカス

84: ジャガー(宮城県) 2013/01/26(土) 12:33:13.53 ID:BrXEbKww0
ダマスカス鋼を日本刀の技術をもって鍛え上げた穂先をつけた長槍が最強の武器

-ミリタリー
-,

1002: おもちちゃん特選記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

1003: おもちちゃんねる関連記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

1004: おもちちゃん特選記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com
1005: おすすめサイト新着記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧