歴史

江戸時代の死刑の仕方やばいな

投稿日:2016年12月14日 更新日:

1: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:07:11.785 ID:namr5EMq0
釜茹でとか牛に両足を引っ張らせて引き裂くとか
牛裂き

800638


牛裂き(うしさき、うしざき)は、戦国時代から江戸時代初期にかけて行われた死刑の方法である。

罪人の両手、両足と、2頭または4頭のウシの角とを縄でつないだのち、ウシに負わせた柴に火を点け、暴れるウシを2方または4方に走らせて罪人の身体を引き裂き、死に至らしめる処刑法である。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/牛裂き

2: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:07:48.607 ID:SpX23Vj30
江戸時代までの日本人は「高尚な文化をもつ首狩り族」ってあの男が言ってた

3: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:09:04.271 ID:namr5EMq0
よくここまで100年で変われたなぁ

4: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:10:03.153 ID:SpX23Vj30
100年どころか15年でや

7: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:12:02.544 ID:namr5EMq0
>>4
よく考えたらそうやな
やばか

5: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:10:05.144 ID:vj6ywk/S0
その残酷さがあった方が犯罪は減る

6: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:11:31.407 ID:cJbsSCzT0
ノコギリ置いといて道行く人に首を切らせたとかある
鋸挽き

874543


鋸挽き(のこぎりびき)は、死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰である。中世および近世の日本で行われた。また、ヨーロッパや中国(『五車韻瑞』、『塵添壒嚢鈔』11、また『北斉書』文宣皇帝本紀(穆嵩)と薛嬪伝(薛嬪の姉))でも行なわれた。
天暦年間、厨子王丸(対王丸とも)が丹後の領主となって、由良の湊の山椒大夫を捕らえ、竹鋸でその首を断たせたという伝説がある。
復讐刑としての意味合いも強く、縛り付けた罪人の首に浅く傷をつけ、その血をつけた鋸を近くに置いて、被害者親族や通行人に一回か二回ずつ挽かせ、ゆっくりと死なせる刑罰であり、江戸時代より以前には実際に首を鋸で挽かせていた。 さらには罪人を逆さに固定し、股から逆に身体を挽くことでさらに苦痛を長引かせることもあった

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/鋸挽き

8: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:12:39.116 ID:JAnqitpe0
一般人に一通りその様子を見せる文化
当時の人たちはグロ耐性強かったの?

10: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:13:25.765 ID:DPIAMVna0
>>8
そこらじゅうに行き倒れとかいる時代だし

13: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:15:33.787 ID:namr5EMq0
>>8
死体は身内しか引き取れなかったからそこらじゅうに死体が転がってたらしい

15: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:16:06.503 ID:UaXEVcQx0
>>8
江戸時代にかかわらず公開処刑はあんまり犯罪や反乱の抑止力がないんだと
仏蘭西では公開処刑の広場での観客席のチケットが販売されていたり屋台が軒をつらねてお祭り騒ぎ
なんとそれが20世紀までつづいていた

11: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:14:48.601 ID:e1kAnejL0
穴吊りもなかなかやで

85454
 

12: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:15:31.436 ID:tb7oFD6Id
海外の昔の処刑方法ググるの楽しいよな
中国の肉削ぐヤツと日本の地面から首だけ出して通りかかる旅人に糸ノコ引かせるヤツの2強だわ

14: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:15:36.833 ID:SpX23Vj30
連座がキツい

16: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:17:40.259 ID:DPIAMVna0
>>14

長屋単位で連座とか恐ろしい時代だわ

17: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:17:44.640 ID:SpX23Vj30
そもそ「人権」っていう考え自体がここ100年で広まったものだし
文明開化と人権思想はまた別物
後者の方が若干後に来た

19: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:18:47.943 ID:JAnqitpe0
そんな怖い時代だったのか…

20: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:19:34.928 ID:ai7Gj+920
だから明治政府は気骨溢れる政治家多かったんだな
政治家の質はその国が歩んだ歴史を表すよな

23: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:21:08.284 ID:SpX23Vj30
>>20
明治政府も腐敗と身内擁護酷かったけどね
現代化ではなく西洋をもした近代化のための刑法改正であって
人権思想から罰を軽くしたわけではないから

21: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:19:36.456 ID:rsX25Cwza
中世なんてどこもそんなもんよ

22: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:21:00.038 ID:namr5EMq0
武士が刀の切れ味を試すために街中に死体を置いてみんながそれを斬ったりもしてたそうな

24: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:22:08.939 ID:1et2fv4Jp
>>22
綱吉以前は辻斬りが横行してたくらいだもんな
綱吉のわんちゃん大好き以外はまじ有能

27: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:23:33.923 ID:cJbsSCzT0
暴れん坊将軍見てればわかるけど家臣とか悪いやつばっかりだもんな
ひどい時代だわ

28: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:24:34.791 ID:SpX23Vj30
勘違いしてるやつは多いが別に武士たちは町民への殺害許可を無条件に与えられていたわけではない
無礼討ちは武士も将来の一部を捨てる覚悟でやるもので
揉めた事による罰は当然与えられる
ただそうしてまで無礼者を許せないというプライドが異常に高かった

40: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:35:17.191 ID:rsX25Cwza
まあ動いてる犬を射抜く遊びとか流行ってたし

42: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 19:37:59.645 ID:FvED+A4H0
no title

no title

現代ではこれ許されないよね

44: 名前をおもちでないようです 2016/12/09(金) 20:09:11.683 ID:7drmUd2s0
鋸引きは晒し目的だったのに本当にやる奴が出たからできないように監視役が付いてた

元スレ: http://vipper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1481278031/

1001:名前をおもちでないようです 2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

おもちちゃん90
恐ろしくて悪事を働く気になれんな。

-歴史
-

1002: おもちちゃん特選記事
2036/13/01(餅) 00:00:00 ID:omochichannel.com

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

福井に残ってる土御門家(安倍晴明の末裔)の遺跡

マリー・アントワネット「パンがなければ・・・」 ←これデマだったのかよ

盃状穴って知ってる?

邪馬台国って本当はどこにあったんや???

土偶が作られたのは縄文時代な訳だがじゃぁ何をモデルにしたのかっていう話になるじゃん?

1 名前をおもちでないようです 2016/10/28(金) 08:47:10.847 ID:MbdhFTcCa 電気はおろか本すらない時代にこれだぜ?   どう見ても宇宙服着た知的生命体だよ …